趣味と成婚を結ぶ結婚相談所

結婚生活と趣味の両立 | 続けやすい・失敗しやすい趣味の特徴解説

今まで趣味に全力だった方も、この先長いライフブランを考える中で「結婚」を意識する方は少なくないと思います。

結婚はしたいけど、結婚したら、「趣味に使う時間が減ってしまうのでないか?」「気兼ねなく趣味に没頭できなくなってしまうのではないか?」そんな不安を抱えている方は沢山いますね。

本記事では、結婚後も趣味を続けていきたいと思っている方に以下についてまとめていきます。

  • 結婚生活における趣味の大切さ
  • 結婚生活がうまくいく趣味とうまくいかない趣味
  • 趣味が続けやすいパートナーの特徴

結婚生活における「趣味」の大切さ

一般的には、結婚後も趣味を続けられている夫婦の方が、家庭への満足度が高い傾向にあります。

実際に、株式会社リクルートマーケティングパートナーズの調査によると、

“夫婦満足度が高い妻は、非満足の妻に比べて「夫婦2人で、仕事の後や休日に一緒に遊んだり、趣味を楽しむ」または「家族(夫婦)で、仕事の後や休日に一緒に遊んだり、趣味を楽しむ」回数が全年代を通じて多い。 ”

引用元: リクルートマーケティングパートナーズの調査

と述べられています。

結婚すると自由に使える時間が少なくなりますので、趣味に投じる時間を確保し、気持ちをリフレッシュする事が今まで以上に大事になります。

このことから、夫婦で一緒に楽しめる趣味をもつ、または趣味継続できる関係性を築くことは、長い結婚生活の中で夫婦円満のポイントと言えるでしょう。

結婚後も楽しく趣味を続けるためには

結婚生活には趣味を維持することが大切と記載しましたが、独身時代のように収入の大半や、休日のほぼすべてを趣味に費やすのは難しくなっていきます。

そこで、趣味と結婚生活を「両立」という観点を忘れない事が重要です。

以下で「結婚生活と趣味が両立しやすいもの」と「結婚生活と趣味が両立しにくいもの」を記載していきます。

結婚生活と趣味が両立しにくいもの

まず、結婚生活が両立しにくい趣味の特徴から説明していきます。

次に掲げる3つポイントの内、2つ以上当てはまっていたら両立は難しいといえます。

ポイント1. パートナーに理解されにくいジャンルの趣味

パートナーに理解されにくい趣味は、価値観を共有しづらいものが傾向として多いです。

例えば、普段使うかわからない高級ブランド品をコレクションのように収集することや、異性のアイドルに対して熱狂的なファンであるといった趣味です。

自身の嗜好だけが趣味に反映していると理解されにくい傾向にあります。

ポイント2. 時間やお金が膨大にかかる趣味

使える時間やお金の大半を使う必要がある趣味は結婚生活との両立は難しいでしょう。

目安ですが8(家庭) : 2(趣味)くらいの配分で時間とお金をコントロールできれば良いバランスになります。

例えばパートナーの片方だけがバンド活動していて、毎月パフォーマンスをするためにライブ会場を借りたり、毎週必ず練習が必要な趣味だと家庭との両立が難しい傾向にあります。

ポイント3. 予定の見えない趣味

突発的に予定が入る趣味は「〇〇の予定が入るかもしれない…」と夫婦の予定が組みにくくなってしまいます。

また、すでに夫婦の予定が入っているところに突発的に予定が入ってしまい、それが重なってすれ違いが発生しやすくなります。

例えばパートナーの片方だけがサーフィスをしていて、よい波の時には必ずいきたいといったことを優先していると「立てた予定」がキャンセルになることが多いです。こういったことが続くと、夫婦生活が波状しやすいです。

結婚生活と趣味が両立しやすいもの

次に結婚後も両立がうまくいきやすい趣味の特徴を説明していきます。

基本的には失敗しやすい趣味のポイントと真逆になります。

次に掲げる3つポイントの内、2つ以上当てはまっていたら両立しやすい趣味と言えるでしょう。

ポイント1. パートナーが理解しやすい趣味

パートナーが理解しやすい趣味は同じ趣味や、同じような趣味をお互いもつことです。特に、お互いが同じ趣味であれば結婚生活が続きやすいですね。

Nconでもインタビューをさせて頂いた「ももちさんと、チョコブランカさんの夫婦」はゲームで知り合い、お互いゲームに時間を起きますが、わかり合い楽しく夫婦生活をしているようです。

▼詳しくはこちら

ゲームで結ばれた「運命共同体」プロゲーマー夫婦

ポイント2. 時間やお金があまりかからない趣味

アニメ・ゲーム・映画鑑賞といった手軽に続けられる趣味は、時間も区切りやすいのと費用も少ない中できますので、夫婦生活がうまくいきやすい傾向にあります。

アニメ、ゲーム、映画鑑賞などエンターテインメントの他にも、「筋トレ」や「ジョギングやランニング」など体を動かすもコスパがいい趣味として上げられます。

「手芸」、「料理」といった趣味も生活に密着しているので、うまくなれば生活も豊かになりますね。

ポイント3. 予定が明確な趣味

「〇月〇日は〇〇の予定がある」とあらかじめ伝えれることによって、夫婦での予定も立てやすく、すれ違いも起こりにくくなります。また、明確に予定を伝えれることによって「どこで何をしているのかわからない」と行った疑心暗鬼な感情も少なくなります。

明確な予定といえば旅行です。 ブライダル総研の調査によると、「2~3カ月に1度」以上『旅行』に行くことがよいようです。

“「毎日夫婦揃っての食事」より夫婦がうまくいくコツは、「2~3カ月に1度」以上“旅行”に行く。”

参照元:ブライダル総研の操作

結婚前と子どもが生まれてからの疑問

上記で結婚生活と趣味が両立しやすいものを詳細しましたが、趣味に関して結婚前にどんなことが大事なのか、子どもができても趣味は続けられるのかについて触れていきます。

結婚前からの価値観の認識合わせも大事!

両立しやすい趣味をお持ちの方でも、パートナーによってはうまくいかないケースもあります。

人にはそれぞれ仕事や、勉強などと言った趣味以外でも重要視している価値観があります。

そもそもその価値観が合わない場合は必ずしも両立がうまくいくとは言えません。

なので、これから婚活をはじめる方は、パートナーを探す際に価値観の部分のすり合わせも大事になってきます。

子供ができても趣味は続けられる?

少し本線とはずれますが、「子どもができても趣味は続けられるのか?」という相談をよくいただきます。もちろん今まで通り「両立」を意識した上で継続していくことは可能です。

また、多くのケースで「子育て」が新たな夫婦共通の趣味になっていきます。

実際にお子さんをお持ちの方からは「子供がいるから趣味の時間を作れない」という声はあまり聞きません。

これから婚活をはじめる人必見!趣味を続けやすいパートナーの特徴ベスト3

ここまで結婚生活における趣味の重要性を解いてきました。

ここでは趣味を大事にしたいあなたがこれから婚活をする上で、相性のいいパートナーの傾向をランキング形式でお伝えしていきます。

ベスト3. すでに明確な趣味を持っている方

すでに趣味をお持ちの方なら、各々の時間を大切にすることに同意してくれるかと思います。

多少、納得がいっていなくてもギブアンドテイクの精神であなたの趣味も理解してくれやすいでしょう。

ベスト2. 共通の趣味をお持ちの方

同じ趣味を持ち一緒に楽しめる方も良きパートナーになるでしょう。

また、同一のジャンル内でお互いが尊敬し合える関係性まで築ければ、結婚生活も安泰ですね。

ベスト1. 無趣味な方

意外かもしれませんが、一番相性のいいパートナーは無趣味な方。

一見、何にも関心を持てない人と思いがちですが、実はその真逆の方が多いです。

どんなことにも順応して楽しめる方が多く、あえて趣味を特定していないようです。

きっとあなたの趣味も一緒に楽しんでくれるかと思います。

最後に

結婚生活における趣味の重要性、結婚生活が上手くいきやすい趣味やパートナーについてまとめさせていただきました。

問い合わせ / 無料相談