趣味と成婚を結ぶ結婚相談所

オンラインお見合いとは?メリットとデメリットと上手くポイント紹介

コロナ禍で外出しづらい状況が続いているとあって、婚活業界でも「オンラインお見合い」を導入するケースが増えています。ニュースなどを通じてその存在は知っていても、自分が参加するとなると不安という方もいることでしょう。本記事では、オンラインお見合いに関心を寄せている方に向けて、お見合いの流れやメリット・デメリット、成功させるコツについて解説します。

オンラインお見合いとは

オンラインお見合いとは

「オンラインお見合い」とは文字通り、オンラインでお見合いをすることです。あらかじめ日時を調整し、「Zoom」などのWeb会議用アプリを使って自宅のパソコンやスマホの画面越しにお見合いを行います。自宅など都合のいい場所で気軽にお見合いに参加できるとして、注目を集めています。結婚相談所に登録している場合は、担当者が間に入って調整してくれることが多いでしょう。

オンラインお見合いのメリット・デメリット

オンラインお見合いのメリット・デメリット

オンラインお見合いの利用にあたっては、メリットとデメリットも知っておきましょう。メリット・デメリットを押さえておくことで、お見合いの成功率も高められるはずです。

オンラインお見合いのメリット

お見合いをオンラインで行うことで、さまざまな負担を軽減できます。まず、お見合い場所までの交通費やホテルラウンジなどでのお茶代、食事代などが不要になります。お茶代などは主に男性側が支払うケースが多く、1回の費用は少額でも積み重なれば大きな負担となるでしょう。

自宅からの参加には、お見合いへの心理的負担感を減らせる効果も期待できます。周囲の目を気にせずのびのびと話せますし、緊張しやすい人の場合はメモを片手に話しても相手に気付かれません。

お見合いのオンライン化によって、「お見合を組みやすくなる」「出会いの幅が広がる」可能性も増します。お互いに都合のいい場所でお見合いができれば日時調整もスムーズですし、遠方の人とお見合いをするハードルも下がります。

オンラインお見合いのほうが時間を区切りやすいという側面もあるでしょう。予定の時間になれば自然な形で終了できるので、余計な気を使わなくて済みます。

オンラインお見合いのデメリット

オンラインお見合いでは、相手について得られる情報はどうしても限定的になりがちです。一例として、飲食時のマナーや立ち居振る舞い、外出時の服装などはチェックできません。

また、オンラインお見合いは基本的に座って行うため、立った状態での雰囲気や体型などが分かりづらいという声も聞かれます。対面と比べて、お互いの反応が伝わりにくい、分かりにくい面も否めません。

カメラ越しなので、リアルな印象とは異なって見えてしまい、実物よりも印象が悪くなる場合もあります。自宅で行う場合にはカメラに映る範囲で部屋の状態も見られてしまいますので、プライバシーの保護にも気を使うべきでしょう。

インターネット環境がないとそもそも実施できないのもオンラインお見合いの難点です。途中で画面がフリーズしたり、音声が途切れたりなど、インターネット環境に起因するトラブルも懸念されます。

オンラインお見合いの流れ

オンラインお見合いの流れ

オンラインお見合いの流れは、大きく4つのステップに分けられます。こまかな流れは相談所によって多少異なりますが、ここではZoomを使ったオンラインお見合いの流れについて紹介します。

マッチングや日時調整

プロフィール検索やデータマッチングによって、お見合い相手の候補を決定します。成立すると、日時調整が始まります。結婚相談所の担当者などが間に入って調整するのが一般的です。

日時が決まると、担当者がお見合い専用ルームをオンライン上に設定し、参加者にはURLやID・パスワードが送付されます。

オンラインお見合いに向けた準備

お見合いまでにZoomアプリをインストールしておきましょう。Zoomの場合、参加するだけならばアカウント登録は不要ですし、もちろん無料です。結婚相談所からオンラインお見合いにあたってのルールや注意点が送付されてきた場合にも目を通しておきましょう。

オンラインお見合いの実施

当日は、10分前を目安に指定された専用ルームにログインしておきましょう。結婚相談所の担当者が立会いを行う場合には、まずそれぞれの本人確認や映像、音声をチェックし、専用ルームへと案内します。

最初の数分程度はホスト役である担当者が場の雰囲気づくりをし、退室した後でトークタイムが始まります。トークタイムの時間は相談所によって異なりますが、40分~1時間程度です。Zoomで担当者がホスト参加をしている場合には、機能上の問題で最長40分までとなります。終了時間が近づくと担当者から案内がありますので、お互いお礼を伝えて終了します。

お見合い結果の報告

終了後の流れは対面でのお見合いと同様です。結果を担当者に伝え、双方がまた会いたいという意思が確認されれば、仮交際がスタートします。連絡先を交換し、オンラインデートなどへと進みます。

オンラインお見合いが成功するポイント

オンラインお見合いが成功するポイント

最後に、オンラインお見合いを成功に導く3つのポイントについて解説します。いずれもすぐに対応できることですので、今後の参考にしていただければ幸いです。

身だしなみに気を付ける

オンラインお見合いの場合、華美に着飾る必要はありませんが、相手に良い印象を与える努力は求められます。自宅といってもTシャツなどのラフな服装は避け、清潔感のある身だしなみを心がけましょう。

女性の場合はナチュラルメイクにきれいめのブラウス、男性の場合はシャツにジャケットが無難です。髪の毛も整えておきましょう。男性の場合は髭の手入れも必要です。

上半身しか見えないのだからと高をくくって、下半身はジャージというスタイルもやめましょう。なにかの拍子に見えてしまうと相手を幻滅させてしまいます。女性の場合、カメラ越しだとメイクが薄く見えてしまい、顔が平面的な印象になってしまう場合もあります。

アイラインを引いて目元を強調したり、鼻筋にハイライトを入れて顔の立体感を強調したりなど、普段よりもメリハリの効いたメイクを心がけるといいでしょう。

照明やカメラの位置を調整する

照明の明るさやカメラの位置によって、相手に与える印象が大きく変わります。照明が足りていないと全体的に陰気に見えてしまいますし、カメラの位置は下過ぎても上過ぎても不自然です。

日中であればカーテンを開けて自然光を取り入れて部屋を明るくしましょう。照明を使う場合は、前方から照明が当たる場所を選ぶのがポイントです。照明が背後にあると逆光になり顔が暗く見えます。同様の原理で、後ろに窓がある位置も避けましょう。

カメラの位置は自分の目線よりやや上にすると、顔がすっきりして見えます。パソコンであれば下に厚みのある本を置いて高さを調整するといいでしょう。スマホを使ってもかまいせんが、その場合は必ず専用スタンドで固定しましょう。

いずれにしても、カメラへの映り方については、あらかじめ自分で確認しておくことをおすすめします。

周囲の環境にも気を遣う

自室を使う場合は、背景や雑音にも気を付けましょう。背景については、シンプルな白い壁が無難です。殺風景な印象を変えたい場合は、観葉植物を置くといいでしょう。植物のグリーンには、人の印象を良く見せてくれる効果もあるとされています。

時間に余裕があれば、花を飾ったりお気に入りの家具や雑貨などを置いたりして、インテリアを工夫してみるといいでしょう。そこから話題が広がる可能性もあります。

バーチャル背景という手法もありますが、お互いの人となりを知るためのお見合いの場ではふさわしくありません。周りの雑音が入らない静かな環境で話ができるように工夫することも大切です。

ただし、オンラインでは沈黙がより強調されやすくなります。話が盛り上がるかどうか不安であれば、会話の邪魔にならない程度の音量でカフェミュージックなどをBGMとして流しておくのも良い方法です。

最後に

オンラインお見合いは、自宅などから気軽に画面越しに話ができ、時間や費用の負担も抑えられます。実際に対面する前の「有り無し判定」としても有用です。「仕事が忙しく婚活をしている暇がない」「出会いが少ない」「仮交際までの費用を抑えたい」という方は、オンラインお見合いを上手に活用してみてはいかがでしょうか。

関連記事

結婚相談所の「オンラインお見合い」 | 大事な6つのポイント

結婚相談所のオンラインお見合いの流れ | 抑えるべきポイントも解説